猫のつぶやき日記 Atelier SEI ~小さな魔法とモノ作りの工房~

ケルティック・クリスタル・ヒーリング&魔法雑貨とアクセサリー制作

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

やっぱりストレスだったのかしら?

Posted by テツおかん(SEI) on   2 comments

天候不安定ですネ~~
土砂降りになったと思ったら、急に陽が射したりの繰り返し。



体調が天気に左右されるお年頃のテツおかんです(´・ω・`)
低気圧とかっちゅうのが影響するんですかね?
いつもの関節痛と、プラス頭痛もするデスヨww
同じようなお年頃の皆さま、ご自愛くださいませね☆
(ところで、アータいくつさって?50よ!50!!笑)




さて、あれほど引っくり返って、のたうち回って痛みに苦しんだ腹痛が、ここんとこありません。
約1カ月の苦しみはなんだったんでしょ?
娘がいうには「ストレスに決まってんでしょ!」デス(笑)



お姑さんが来て様々な事がありましたが、やはり身体が悲鳴上げ始めてたんでしょうか?
今は9月末まで義兄宅で過ごしているおばあちゃんですが、また年末までの3カ月間ウチに来ます。
その時に、またあの痛みが来たらもうストレス起因決定ですかねぇ~~
ストレスって、すい臓の数値まで悪くするもんですかネ?
まぁ、その時になってみなきゃ分かりませんが(^^;)

ここから下の記事は、介護に関してなのでご興味ない方はスルーしてね☆



ところで、高齢者と同居されている方ならご存知と思いますが、介護認定という制度がありますね。
毎年1回、介護認定のための調査がありまして、ウチのおばあちゃんは今年は義兄宅で受けまして。
今まで「要支援2」だったのが、今年は「要支援1」となりました。


簡単に説明しますと
 要支援1
 要支援2

 要介護1
   ・
   ・
 要介護5

上の要支援1が一番軽く、下の要介護5に行くほど重く認定されます。


ということで、おばあちゃんは、一番軽い「要支援1」となったのです。
なので、受けられる福祉のサービス枠が小さくなるってことです。


でもですね、おばあちゃんの状態や、お世話してるお義姉さんにしたら、要支援1って訳ないでしょが!ってなりまして。
で、「再審査の申し立て」っていうのをしたわけです。


でもって、再審査の日程が、今度は苫小牧のウチに来ている時期になりましてね。
先月の終わりごろ、我が家で再審査がありました。


再審査だろうが認定だろうが、受けるのは良いんですが、問題はお姑さんの前では嫁は「良い事しか言えない」ってことでしてww


「お義母さんは、これができません。こういうお世話が大変です。うんぬんかんぬん」っていうのを、姑を目の前にして、嫁が言ったら最後、その後の関係性がズタボロ。


この1年半の経験で、嫁はイヤっというほど身にしみているのデス。(義姉もね)


一度機嫌を悪くさせたら、メチャクチャたいへんで無視されるしね~~
だから、お義姉さんが認定の時に、義母が出来る事と、手が掛かりませんよ~的な事しか言えずに(ホントはむちゃくちゃ大変でも!)、認定が「要支援1」になってしまってショックだったのです。


で、今回の再審査の際、ワタシ手紙を書いておきまして(レポートですな)、帰り際に玄関でこっそり担当者さんに渡しました。
事前の日程調整の段階で介護事業所の担当者さんからお電話頂いた時に、「姑の前では言えない事多く、お手紙で渡します」って言っておきましてね。


その時に言われたのが「どんなことでも全部伝えた方が良いです。」ってことでした。
なので、全部書きましたよ(^^;)


その後数週間経ちまして、認定結果が出ました。
結果は「要介護2」


なんと、最初の「要支援1」から3段階ジャンプして、「要介護2」の認定になったのデス(びっくり!)
予想では「要支援」の枠内で1から2に変われば(ようは今まで通りで〉良しとしなきゃな、って思ってたんでね。


嫁たちの介護が、「要支援1」程度のもんじゃない、もっと大変な状態なんだってことを認めてもらえたようで、ホッとしました。
とりあえず、この後1年間はこの要介護2のサービス枠を使えることになってよかったです。


お義姉さんも、良かったぁって一安心していました(^^)
義兄宅と苫小牧とでは、地域の管轄が違うので、義兄宅の地域の事業所では、要支援1だとデイサービスが週1回しか使えないのです。


でもこれで、週2~3回は通える事になります。


まぁね、大変なのは嫁たちのみで、お姑さんの息子たちは、自分の母親が倒れようと介護になろうと、それまでと変わらない生活ですがww笑


あ、それが一番でかいストレスかも!((爆爆


日々介護に追われている皆さん(もし、いましたらw)、お互い頑張りましょうね!



さて、日々の食事作りは、イヤでも泣きながらでもせねばならんのが主婦ですがww
お菓子って、泣きながら作れませんよねぇ



不思議なもんで、ちょっと気持ちに余裕が出来ると、お菓子でも焼こうか、という気になる(ワタシだけ?)
DSCF2620_convert_20140727165749.jpg
そば粉と豆腐のパンケーキ

意外とフワフワなんですよ♪
身体にも良いしネ(^^)

そば粉100グラム
ホットケーキミックス100g
豆腐(絹)150グラム
卵1個
蜂蜜大匙1~2

を、ボールに全部入れて、グルグルかきまわして、

豆乳を、すこしずつ投入ww

ちょっと固めの、どろっとした感じになればOK
冷蔵庫で30分ほど寝かせてから、弱火でゆっくり焼いて完成♪
小さめに作るといいですね。

あんまり甘みはないので、食べる時にジャムや蜂蜜をかけても良いと思います。
参考までに♪



こっちは、おからとホットケーキミックスとチョコのスコーン。
スコーンの向こうのは、ホットケーキミックスと豆腐のパンケーキ。
DSCF2621_convert_20140727165820.jpg
なんだか、普通のがないですね(笑)

おからだの、豆腐だの、そば粉だの。
手づくりだから、ついつい身体に良さそうな素材入れたくなります。


このあいだ、中国で腐った肉を使った工場のニュースやってましたねぇ。

こんどバンズから焼いて、手作りハンバーガー作ろうかなって思ってます♪
安心安全って、ホントは当たり前の事なのにね。

大変な世の中じゃのぅ( ̄ω ̄;)




  ぽちっと応援よろしくです♪
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ

スポンサーサイト

Comment

チョコ says... ""
3段階ジャンプの判定、良かったですね。
実情が通じてくみ上げてもらえて、お嫁ちゃんたちもホッとしましたね。

実の息子さんたちも気付きますように  ムニャムニャ祈

チョコも舅と同居してたときとか、実母と同居してたときとかは、ストレス有ったよ~~~~
すい臓はストレスに弱いしね。

それにしてもハンパ無いスコーンとパンケーキの写真(笑)
んまそ~~~
2014.07.28 00:23 | URL | #- [edit]
テツおかん says... "Re: タイトルなし"
>チョコさん
はい♪
ありがとうございます(^-^)
まずはホッとしました。

義兄宅では、積極的な手伝いはなくても、辛さを受け止めて
ねぎらいの言葉をかけてくれるらしいです。
お義姉さんは、それで随分救われるって言っていました。

ウチは逆ですのでねww
辛さを訴えても、ワタシが悪口を言ってるように聞こえるんでしょうね。
耳触りの悪いことは聞きたくないようです。

色んな感情の手放し作業の最中です。
ストレスも手放し、解放したいですねぇ~~
すい臓、ストレスに弱っちぃですか(^^;)

チョコさんも経験済みなんですね。
親に関しては、抗えない壁に立ち向かうが如し、ですねぇ。

焼き菓子は簡単に作れていいですね~(^^)
香ばしい香りがホッとします♪




2014.07.28 12:44 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する