猫のつぶやき日記 Atelier SEI ~小さな魔法とモノ作りの工房~

ケルティック・クリスタル・ヒーリング&魔法雑貨とアクセサリー制作

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

長い一日

Posted by テツおかん(SEI) on   0 comments

最近自宅にいる時はお菓子を焼く事がまた多くなってきたです。
以前は毎日のように焼いて、このブログでも度々アップしてたですねぇ。
linecamera_shareimage (10)
昨日焼いたのはクリームチーズとナッツ、レーズンが入ったスコーン。
今回はおからは入れず、ちょいとカロリー高めです。



linecamera_shareimage (11)
冬の定番、リンゴのケーキは最近3回ほど焼いてて、全然ダイエット向きじゃないですなw
自宅に帰ると体重が増えるのはコレのせいだ(爆)



さて、今日は父の病院予約日。
父を病院へ連れて行く日は長い一日になるです。
今日も病院の待合室は満員。


予約といえども同じ時間に何人も入ってるんで、早めに行かなくちゃならんというね。
予約の意味ないじゃぁないか、と思うのww


5週間分の薬も、もらうまでかなり待つしですね。
それでも最近は検査ごとの数値も安定傾向で、1種類薬が減りましてん。
毎日飲んでたお酒が週2日ほどに減ったせいですかね~。


通院と薬のおかげで、ナンヤカヤ言いながらも長生きできるんじゃね?って感じです。
先にワタシが死んじまうかもよ(笑)



病院帰りに乗ったタクシーの運転手のおじさんのお話が胸に詰まるお話でして。
なんと今年の正月明けに、奥さんを亡くされたばかりという。。


50年以上連れ添った奥さんで、自分の母親の介護も頑張ってくれて看取った後ほどなく病気されて入院、あっけなく亡くなった、と。
なんとも淋しいもんです、とお話されました。


まさか自分より先に妻に先立たれるとは思ってなかったそうで、亡くなられた日の朝なんとなく気になって仕事の前に病室に寄ったら、待っていたかのように直後に容態急変したとのこと。


後悔の念も口にされてたですが、かける言葉もこういった時はむなしいもんですね。
時薬(ときぐすり)ともいいますが、時間が癒してくれるのに任せるしかない時もありますね。


おじさんの話を聞きながら、27年前に母が亡くなった時の事を思い出したです。
ワタシもすっかり母の年齢を越したけど、自分の母親が年下ってのも奇妙なもんです。
47歳で亡くなってるんで、随分と早世でしたが。


父宅に着いて、タクシーのおじさんにお礼を言って降りた後もナンダカンダ用事を済ませて、自宅に帰ったのはすっかり夕方。
いつまでこんな風に父宅に通い続けるのかな~なんてのも、ちょっと考えたですねぇ。


まだ独り暮らし出来てるからいいけど、何かあってもおかしくない年齢。
覚悟はもとよりしてるけど、まぁそん時はそん時の自分に任せるデスヨ。




スポンサーサイト

Post comment

管理者にだけ表示を許可する