猫のつぶやき日記 Atelier SEI ~小さな魔法とモノ作りの工房~

ケルティック・クリスタル・ヒーリング&魔法雑貨とアクセサリー制作

About me

Neque porro quisquam est qui dolorem ipsum quia dolor sit amet, consectetur, adipisci velit 同様に、悲しみそのものを、それが悲しみであるという理由で愛する者や、それゆえ得ようとする者は、どこにもいない。

退院

Posted by テツおかん(SEI) on   2 comments

脳梗塞で入院していたお姑さんの退院が、明日に決まりました^^


一人暮らしはもうムリなので、今までの家に戻ることはないでしょう。
退院したら一旦、お義兄さん宅に行き、年越しとお正月を過ごしたら、4日までには我が家に来る予定です。


いよいよ同居が始まります。
ただ、通年ではなく、数か月単位でお義兄さん宅と協力しながら看ていく形になりそうです。


お互いの家には、家族や身内にそれぞれ、介護やサポートが必要な人を抱えています。
そこにお姑さんの介護が加わります。
実際に動くのは女です。


お義姉さんにしても、ワタシにしても、どちらか倒れたらアウトです。
大変なのは圧倒的にお義姉さんなのです。
今現在も介護が必要な家族を看続けているお義姉さんです。


お義兄さんは長男としての責任感も強く、人情が厚くて義理がたい優しい人です。
次男で末っ子の、ウチの旦那さんも優しい人です。


お互いが「母を看る」という形に当座はなりそうです。
とはいえ、この先を見通して考えれば、お姑さんは86歳になり、運動機能も落ちるでしょうし、脳梗塞の後遺症も、どこまで改善するか。


年に数回息子達の家を行き来するのも刺激になって良いでしょうが、ごく当たり前に考えればウチで介護するのが一番良いように思うのです。


ワタシの場合、父が同居しているわけでもないし、寝たきりというわけでもないので。
(入院だけはしないで、と祈るww あと酒やめてくれ~ww)
ただ、あらためて父の介護サービスの内容を変えなくてはいけなくなりました。


多くのサポートをワタシ一人でやっているので一度サポートに行くと長時間掛かっていました。
お姑さんが来たら、外出出来る時間はせいぜい2~3時間が限度と思います。
年内に介護事業所と話し合いしなくてはなりませんね。


同居に向けての準備もスタートです。
ベッドを購入して、部屋の模様替えや、収納もお姑さん仕様にかえなくっちゃ、です。
今年中に全部終わらせて、正月明けには準備万端で迎えられるように。


あらゆることが待ったなし、です。
いつもそうでしたww


20代の数年間、母を看て送り、30代で義姉を看て送り、現在進行形で父を20年近く看て、そして今お姑さんが加わりました。


誰もなりたくて病気になんてなりません。
サポート出来る側でいることは、幸せなのかもしれません。




今日もこれから病院行ってきます!! ぽちっと応援よろしくデス♪
 にほんブログ村 ハンドメイドブログ 天然石・パワーストーンへ

東日本大震災 動物救援プロジェクト
RAINBOW PROJECT
に賛同しております。
ご支援よろしくお願いいたします。









スポンサーサイト

Comment

momoママ says... ""
全てがスムーズに進みますように~

無理は禁物ですよ!って言っても「大丈夫~」って言って無理しそうですよね。

テツおかんさんまで倒れないようにご自愛下さいね。
2012.12.14 11:44 | URL | #MExl2.3s [edit]
テツおかん says... ""
>momoママさん
ありがとうございます^^
お義姉さんと嫁同士で協力しながら頑張ります♪

お姑さんが居心地良い状態が一番ですもんね(^^)
2012.12.14 21:10 | URL | #- [edit]

Post comment

管理者にだけ表示を許可する